すべてはお客様のために
私たちがお応えします。

お客様と共感できる、より良い家づくりへのプロセスは誰もが真剣です。
後悔しない夢がかなう。当たり前のようですが私たちは大切に考えています。

VOICE

先輩社員の声
菅野 明正 菅野 明正
  • 現場監督
  • 菅野 明正
  • 31歳 入社11年目
山本 大紀 山本 大紀
  • 現場監督
  • 山本 大紀
  • 25歳 入社5年目
  • 2級建築士
山田 優樹 山田 優樹
  • 現場監督
  • 山田 優樹
  • 29歳 入社3年目
小川 国哉 小川 国哉
  • 現場監督
  • 小川 国哉
  • 39歳 入社11年目
渡辺 靖志 渡辺 靖志
  • 現場監督
  • 渡辺 靖志
  • 52歳 入社18年目
  • 2級建築士

Q.この会社を選んだきっかけは?

山本

山本

実家が道路などを造る土木会社でもあることから、中学生ぐらいから建築関係の道に進むことを意識し、高校は地元工業高校の建築科に進みました。その後、宇都宮市内にある建築系の専門学校に進学し、そこで2級建築士の資格を取得。就職活動のとき、OB・OGが当社で働いていることを知り、親近感もあって門を叩きました。
入社の決め手は社長の人柄と業務内容の幅の広さでした。一般住宅から公共建築まで幅広い仕事に携われると思ったからです。

山田

山田

十代のころから建築の仕事に興味があり、工業高校の建築科を卒業後、これまでに塗装会社の営業や建築会社の型枠大工などを経験しました。結婚を機に地元・栃木に帰ってきましたが、当時は子育てをしながら働くことが難しかったため、建築とは無縁のパートの仕事をしていました。子育ても落ち着いて再び働き始めたころ、人づてに当社の人材募集があることを聞き、自ら門を叩きました。
入社の決め手は、ずっとあこがれていた建築の王道ともいえる仕事だったことと、社長の人柄や和気あいあいとした会社の雰囲気に魅力を感じたからです。これまでに建築業界で仕事を経験してきた私が納得して選んだ会社です。

小川

小川

元来ものづくりが好きで、かれこれ20年以上、建築関係の仕事に従事してきました。新築物件はもちろんリフォーム関連も数多く経験し、それらを含めると建築業界全般の仕事に携わってきたことになります。
入社の決め手は、これまで培ってきた自身のスキルを存分に生かせる会社だと思ったから。建築関連の新技術や新商品を積極的に取り入れる会社であり、常に新しいことに取り組む社風にも共感するものがありました。
同時に、緻密な施工、ていねいな仕事が当社のウリです。当たり前のことかもしれませんが、当たり前のことに真面目に取り組む姿勢に、建築会社としてのポリシーを感じています。

渡辺

渡辺

実家が工務店を営んでいたことから、子どものころから将来は建築の仕事に就くことを夢見ていました。高校・専門学校ともに建築科に在籍し、卒業後は建築設計事務所や建築会社に勤務。これまでに一般住宅を始め公共建築や商業建築の仕事に携わってきました。
当社の門を叩いたのは、会社設立後間もないスタートアップの時期でした。以来かれこれ18年。会社規模が徐々に大きくなっていくのと、自分の経験やスキルが積み重なっていくのが同時進行で、振り返ってみると共に歩んできたという感じがします。今では社内で最古参の社員になりました。

Q.実際に入社してからの印象は?

菅野

菅野

現社長の長男でもある私は、生まれてから今の今までずっと、建築の仕事に従事する父の背中を見て育ちました。
好きな仕事に没頭し、生き生きと働く姿は男らしい一言。建築の仕事に興味を持つきっかけになりました。
当社はベテランから若手まで社員の年齢層は幅広く、自分は中堅社員ぐらいの立場です。二代目といっても先輩社員からすれば部下にあたり、仕事の要領が悪ければきつく叱られます。まだまだ修行中の自分にとっては難しさや厳しさがありますが、先輩社員の方々の叱咤激励のお陰で少しずつ成長してきました。 とはいっても厳しいばかりではありません。現場を離れればアットホームな会社で社員同士の仲も良く、事務所では日々、冗談が飛び交う明るい会社です。

山本

山本

社内には同世代の女性社員もいて第一線で活躍するなど活気に溢れていました。 入社したばかりのときは、資格を持っていても現場で生かすことはできませんでしたが、わからないことは先輩社員が懇切丁寧に教えてくれました。「ゼロから育てる」という社風が当社の特徴でもあるので、そこに自身のやる気をプラスすれば、早期に一人前なれると思います。

Q.現在の仕事内容について教えてください

菅野

菅野

施工現場を監督・管理する現場管理の仕事に従事しています。
具体的には、常に品質管理に留意しながら、設計図通りに建物が建てられているかを確認する仕事です。

山本

山本

コンビニエンスストアの新築工事、既存店の改修工事、メンテナンス工事など、現場管理の仕事に従事しています。建築の仕事の中でもコンビニに特化した特殊な事例で、入社時からずっと担当しています。
難しいのは工事期間が短いこと。例えば改修工事は店の営業をストップして行うので、工事期間は特にシビアです。限られた期間内に増築から内装工事まで行わなければならず、スピードはもちろん丁寧さが欠かせません。

山田

山田

主に一般住宅の現場管理の仕事に従事しています。設計・デザイン担当者が作成したプランを現場の職人さんたちに伝え、図面通りに進行しているかを管理する仕事です。
施主様に対しては図面に書かれた内容をわかりやすく説明したり、工事の具体的な進捗状況を報告するなど「通訳的」な仕事をしています。私の仕事を例えるなら、施主様、設計・デザイン担当者、職人さん、営業担当者など、家づくりに関わるすべての人たちの「パイプ役」と言えるかもしれません。

小川

小川

一般住宅を始め公共建築や商業建築まで、施工現場を監督・管理する現場管理の仕事に携わっています。過去にお取り引きいただいたお客様から再び建築工事のオファーを受けるケースも多く、営業マン的なスタンスも欠かせません。時には設計業務も兼ねるなど、オールラウンドプレーヤーとして幅広い仕事に従事しています。

渡辺

渡辺

工事の着工から完成まで、作業の流れに沿ってすべての業者の手配・指示を行う現場管理の仕事をしています。工事の進捗を左右する、言わばオーケストラの指揮者のような役割で、タクトの振り方一つで工期にも影響を及ぼすほど責任の大きな仕事です。大工事になると工期は半年~1年にも及ぶので、その間はまったく気が抜けません。  ちなみに、同じ現場は一切ありません。工法や規模、環境が毎回違う中で効率よく、安全にも配慮して職人さんたちを動かさなければなりません。難しさや苦労を伴いますが、完成したときのよろこびは何ものにも代えがたいものがあります。

Q.仕事のやりがいや目標は何ですか?

菅野

菅野

ミスもなく、設計図通りに建物が仕上がった瞬間は感無量です。そして、施主の方によろこんでいただいたり、感謝の言葉をいただいたときは尚更です。「この仕事を選んでよかった!」とつくづく思います。
当社が手がける物件は木造・鉄骨造・コンクリート造と各種あり、身近な一般住宅から公共建築などの大型物件までさまざまですが、建築全般の仕事が経験できるため幅広いスキルが身に付きます。建築のプロフェッショナルを目指す人にはよい環境が整っていると思います。
個人的には日々の仕事を一つひとつ積み重ねつつ、ゆくゆくは「1級建築士」の資格取得を目指しています。

山本

山本

現場監督の一人として、現場をまとめ上げたときの充実感・達成感は何物にも代えがたいですね。職人さんの多くは自分より歳上の人たちばかりで、なにかと気を遣う場面も多いのですが、だからこそ〝学び〟がいっぱいあります。
自分も必死で現場を管理し、職人さんも必死で仕事をこなすうちに信頼関係が生まれることも。過密スケジュールの中で無理をお願いする場面も多いのですが、「山本君が担当する現場ならよろこんで手伝うよ」と言ってくれる職人さんもいます。心の底から感動する瞬間です。
個人的な目標としては、会社そして職人さんたちの期待に応えられるように「施工管理技士」の資格取得を目指しています。

山田

山田

まずは、好きな建築の仕事に携われることに感謝です。そして、思い描いていたプランが形になり、施主様によろこんでいただいたとき、仕事のやりがいを感じます。現場で働く職人さんも含めて、人と人との心が通い合うものづくりはとても楽しいですね。
今後は、仕事経験を積み重ねる中で、よりスキルアップするために「2級建築士」の資格取得を目指したいと思っています。仕事のやりがいを感じる中で、社内的にも社外的にも「もっと認められたい」という思いが強くなってきたからです。
また個人的には、2人の小学生の子どもたちに、親が生き生きと働く姿を見せることで、仕事をすることの意義や大切さを教えられたらと思っています。

小川

小川

自分が決めた通りに作業が完了し、お客様に感謝されたときは感無量です。高度な技術を必要としたり、難工事であればなおさらです。自ら手がけた仕事がこの先何十年も残るわけですから、建築の仕事はやりがいが大きいですね。
個人的にはスキルアップを図るため、いずれは「1級建築施工管理技士」の資格取得を目指しています。

渡辺

渡辺

建築の仕事を長く続けるには、興味も大事ですが何よりも「やる気」や「覚悟」が欠かせません。やる気があれば自らスキルアップすることができ、覚悟があれば現場で働く職人さんから一目置かれる存在になれるはず。どんな仕事でも真のプロフェッショナルは周りから尊敬されるものです。これがやりがいにつながります。

Q.後輩たちにメッセージやアドバイスを

菅野

菅野

どんな仕事も人間関係が基本です。建築現場の職人さんは寡黙なイメージがありますが、実際の現場はさまざまな人が協力し合うので、コミュニケーション能力が欠かせません。
現場管理の仕事は工程表通りに進めるだけではなく、そこに関わる人たちの円滑な人間関係をサポートするという重要な役割もあります。人と人との〝和〟を意識せずして、この仕事は成り立ちません。

山本

山本

仕事に対するやる気と学ぶ姿勢を忘れず、ぜひこの業界を目指してください。
新卒の方にとっては初めての社会人経験でなにかと不安がつきまとうかと思いますが、臆することなく自分らしく生き生きと。がんばったらその分だけ評価される仕事だと思います。

山田

山田

自分の好きなこと、興味があること、得意なことを明確にしてください。そこから自分に合う仕事を見つけていくといいかもしれません。
そしてもう一つ大事なのは、たとえ遠回りしたとしてもあきらめないこと、妥協しないことです。
強い思いがあれば人は自ずと努力するもの。やがて夢は叶い、目標は達成できるはずです。

小川

小川

当社は風通しのいい会社です。社員同士のヨコのつながりが密で、年齢や経験に左右されないフラットな組織だと思います。その理由は、社員一人ひとりがプロフェッショナルとして自立しているから。互いに認め合っているからこそ、信頼関係が維持できるわけです。そこでは当然ながら、個々人の自主性や責任感が問われます。言うなれば、プロ同士が切磋琢磨できる職場環境だと思います。

渡辺

渡辺

ものづくりの世界で、建築は最もスケールの大きい仕事だと思います。施工物によっては何十年、何百年と残る仕事であり、人間の一生よりもスパンは長いです。そうした観点からもやりがいは大きく、夢のある仕事だと思います。
ぜひ、建築業界の仕事に挑戦してみてください。

MESSAGE

社長からのメッセージ

「稼げる人材」になるためには、やる気とチャレンジ精神が必須。
努力した分だけ待遇面も適正に評価

ご存じのように建築業界は体力勝負の仕事であり、甘えやミスの許されない厳しい世界です。しかし、それを乗り越えられるのは自らの目標や夢があるから。社長である私自身も常に目標と夢を持ち、現場から現場へと日々東奔西走しています。

当社は「自ら稼げる人材」を大命題に、新卒者であれば一人前になるまで育て上げる環境を整備し、経験者であればこれまで培ったスキルを存分に生かせる仕事を用意しています。

上昇志向の強い人にとって活躍できるフィールドは無限大です。
大きな夢をたずさえて、当社の門を叩いてください。

株式会社菅野建築 
代表取締役 菅野 晴夫

株式会社菅野建築 代表取締役 菅野 晴夫

WORKS

私たちの仕事

いつの時代も「家」とは、家族の夢をカタチにする、かけがえのないものです。
家づくりは、モノづくりではありません。
生活の変化に伴った自由な空間の中で住む人の健康を考え、より快適に、爽やかな住環境づくりを立体的に追求します。

木造の注文住宅

木造の注文住宅

優れた断熱力が暑さ・寒さの影響から守り、一年を通じて爽やかな快適空間と家族が健康に暮らせる、住み心地のよい家をお届けします。

木造の注文住宅

RC鉄筋コンクリート住宅

頑強な構造と居住性能、設計の自由度が魅力、狭小地にも対応する耐震・耐久・省エネ住宅。ご要望にあわせたプランをご提案いたします。

木造の注文住宅

自然素材の健康住宅

幻の漆喰、清活畳、うづくりの床、音響熟成木材など、家族が健康な毎日を過ごせるよう、引っ越した後も「健康な住まい」これが本当の「家づくり」です。

総合請負

総合請負

商業ビル、マンション、店舗等の企画・設計・施工も手がけております。公共から民間土木工事もお任せください。ご相談お待ちしております。

上昇志向の強い人にとって活躍できるフィールドは無限大です。
大きな夢をたずさえて、当社の門を叩いてください。

RECRUITMENT

募集要項

随時スタッフを募集しております。
お電話またはメールにてお問い合わせください。

Tel.028-638-1404

メールでお問い合わせ

個人情報保護ポリシーはこちらからご確認いただけます。

PAGE TOP